So-net無料ブログ作成

Googleで探してみると・・・・ [とっても富良野な話]

おかげさまで売れ行き好調な「笑説 これが北海道弁だべさ」でありますが、ネット上でも少しずつこの本が話題として取り上げられるケースが増えてきているようで、作者としてはなんともうれしい限り。
全体的に好意的な感想が多いのも心強く、こうした善意の第三者による口コミはジワジワと効いてくるので、今後の動向がとても楽しみな今日この頃ではあります。

というわけで、以下は私がGoogle検索で見つけた「笑説 これが北海道弁だべさ」についての記事と感想です。

http://www.coachandfour.ne.jp/books/books-ranking.php
http://blog.goo.ne.jp/googookashi1949/e/0edee077ad012ba45e6695bc7a416136
http://blog.livedoor.jp/fivestar5/
http://boyakkineko.blog121.fc2.com/blog-category-24.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ikasam543/archive/2010/9/1
http://blog.hokkaido-np.co.jp/0141kome/archives/2010/08/post_455.html
http://www.namara-hokkaido.net/topics/news/news.php?id=25708
http://orange.ap.teacup.com/manryou/108.html
http://www.tomacom.jp/blog/?p=695
http://ameblo.jp/kiraramiyuki07/day-20100820.html
http://d.hatena.ne.jp/nobuko945/20100812
http://blogs.yahoo.co.jp/kumasanja/16592764.html
http://s-kimono.com/blog/?paged=2
http://pub.ne.jp/anshin/?entry_id=3128630
http://blog.livedoor.jp/magoaka38/archives/1420196.html
http://booklog.jp/users/tsumasakidachi/review
http://nyankai.exblog.jp/11888319/
http://yaplog.jp/fc000ashi/archive/3233

先日、ソファーで転寝をしてしまい、夜中の2時頃ふと眼を覚ますと、NHKで何やら楽しそうな番組が。
それは「みんなでニホンGO!」という番組の再放送で、「方言新時代の到来」をテーマとしたトーク番組なのでありました。
方言本を出版したばかりの小生にとっては、なんとも興味津々のテーマ。
で、翌日の事も考えず、ついつい最後まで見入ってしまったんですね。
いやあ、しかし面白かったなあ。
陣内孝則, 大宮エリー, ゴリ, 小沢一敬, 佐藤唯, あゆか, 井上史雄, 【司会】船越英一郎, 山崎弘也, 松本あゆ美という出演者の顔ぶれもそれなりでしたが、方言の当世事情を知る意味でとても参考になることが多く、「へえ、そうなんだ~」と感心させられることしばしば。

以下は、この番組の内容紹介として、ネット上に掲載されていた文章です。

*********************************************
今「方言」が注目されている。“イケメン”が方言で、愛の告白をするCDが人気だったり、出身ではない地域の方言で、若者がメールを書いたり。いつから方言は“おしゃれなアイテム”に変わったのか? 各世代の方言についての意識を徹底調査。また、歴史を振り返ると、江戸時代・明治時代にも「方言ブーム」があったらしい。“目からウロコ”の情報を紹介する。
*********************************************

というわけで、この番組を通してわかったことをいくつか。

■最近の若い子は、ビジネスでは標準語、プライベートでは方言というように、方言と共通語を場面場面で上手に使い分けるようになってきた(方言と共通語のバイリンガル化)。

携帯メールで絵文字代わりに方言を使う若い人も増えてきている(「やわらかコミュニケーション」の道具として)

「方言恋愛」というドラマCDが存在する(知らなかったなあ)

銀座に「方言キャバレー」なるものも登場していて、これが大繁盛との事(地方出身者にとっての癒しの場となっている)

そうか、若者にとって方言はもはやコンプレックスなどではなく、逆に「ちょっとおしゃれなコミュニケーションツール」になってきているというわけなんですね。

そんなこんなで、方言が今や東京ではちょっとしたブームになっているということを、この番組を通して初めて知ったという次第。

う~む、ひょっとすると「笑説 これが北海道弁だべさ」も北海道でちょっとしたブームになっていくのかも・・・・(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。